エイジェックグループ社員の新しい職種チャレンジ、資格取得をサポートします!

キャリアチェンジ事例Career Change Case

製品検査スタッフから技術職へ

玉田さん / 2005年 入社

以前の職種
印刷会社の製品検査スタッフ
現在の職種
自動車会社の生産準備業務

前部署ではどんなお仕事をされていましたか?

印刷会社の請負事業所で、印刷物の製品検査を2年間担当し、そこで「お客様に不良品を渡さない」物作りの大切さを学びました。

最初はメモを取らず「体で覚えろ」と言われ、仕事を覚えるのに必死でした。

一連の流れを覚え製品検査をさせて頂けるまで3ケ月掛かり、作業のコツをつかむまでは更に1年掛かりました。 最終的には検査だけでなく、準備から完成品の受け渡しまで、自部署の請負業務全般を行える様になりました。

キャリアチェンジしようと思ったきっかけは?

前部署にて仕事をしている際に、「私には工場の仕事は合っていない?」と悩むこともありましたが、 業務工程の改善提案などを積極的に行うよう心がけていました。

そのような中、更なる挑戦をしたいと考えていたところに、営業所からキャリアチェンジの存在を教えて頂き、「チャンス」と思い飛びつきました。

キャリアチェンジはどのようにしましたか?

面談の際に、業務内容について詳しく教えて頂きましたが、地元を離れる必要がありました。 実家は私と母親の二人暮らしでしたので、母親を一人残していく事に不安がありました。

しかし、自分の10年先、20年先の仕事を考え、親を説得して、地元を離れる事に決めました。

今はどんなお仕事をしていますか?

自動車会社にて、新しい自動車を工場で組み立てる為の、生産準備業務に従事しています。 職場では上長と数人でチームを組んで、何千点にも及ぶ部品を間違いなくスムーズに組み立てる為に、 設計段階から問題点の摘出&解決を行い、工場のラインにて実際に組み立てる最終確認まで行っています。

また、担当が海外工場である為、英語でのコミュニケーションが必要なので、勉強の日々です。

キャリアチェンジした感想は?

印刷業界から自動車業界へと、今までの経験を捨てて一から新しい経験を築いていく覚悟でした。 しかし、工場を経験した事により、工場サイドの考え方を活かした、設計との課題解決が行えています。

自分が経験してきたことは何一つ無駄になる事はないとわかりました。 これからもどんどん新しい事に取り組み、一回りも二回りも成長したいと思います。

今の仕事のやりがい、大変な点は?

工場はシフト制でしたので、残務を引き継いで1日が終わりでした。 今の仕事は、部署毎に担当が割り振られているので、担当場所が終わるまでは帰れません。当然、残業も増えました。

責任も重くなりましたが、自分のアイデアを形にして、問題を解決していく事が出来ます。 自分の担当した部品が、工場の方々より「組み立て易い」と言われた時は、とても嬉しいです。

これからキャリアチェンジしようとしている方へ一言お願いいたします。

仕事が変わる事、違う地方へと行く事について、色々な不安や問題があると思います。一番に考える点は、「今」よりも、「10年先、20年先」の自分です。 これまでの経験を活かしつつ違う職場で働くことで、考え方や視点も変わり、自分の可能性も大きく広がっていきます。

業種の広いエイジェックだからこそ、そこにチャンスがあるのです。失敗を恐れず、自分に合うと思う仕事にチャレンジして下さい。

トップへ戻るボタン