エイジェックグループ社員の新しい職種チャレンジ、資格取得をサポートします!

キャリアチェンジ事例Career Change Case

ものづくりから総合職へ

平井さん / 2012年 入社

以前の職種
アルミ建材メーカーの製造担当スタッフ
現在の職種
事業所リーダーを経て内勤社員に

前部署ではどんなお仕事をされていましたか?

アルミ建材メーカーで窓ガラスの枠組の製造の仕事を1年担当しました。

昼勤夜勤などの交替制で、なれないうちはとにかく大変でしたが、 現場スタッフ全員が協力し合い製品を作り上げていくこの業務は、とにかく貴重な経験でした。

キャリアチェンジしようと思ったきっかけは?

エイジェックの内勤正社員で、事業所長も兼任していただいている担当の方がスタッフのことを常に最優先に考え、 個の力ではなく、全員でのチームワークをとにかく大事にする方でした。

実はきっかけは単純で、その人のように自分自身もチーム全体を指揮し、頼られる存在になりたいと思ったことが一番の理由でした。

キャリアチェンジはどのようにしましたか?

1年間、とにかく現場での作業に一生懸命取り組みました。実家から離れて「一人暮らし」も始め、とにかく不安でいっぱいでした。 しかしその不安以上にチャレンジしたいという気持ちがより高まり、半年ほど働いた頃から、管理職へ移るビジョンが見えてきました。

自分はいつかあの位置に立つんだ、そのために今ある仕事を一生懸命に取りくもうという意志で日々を過ごし、 仕事がなれてきた頃に担当者にキャリアチェンジの相談をしました。

今はどんなお仕事をしていますか?

現在は、現場の管理全般業務を行っており、新しく入ってくる新入社員はもちろん、 すでに何ヶ月も働いている社員たちにも教育やアドバイスを日々行い、より生産性の高い仕事を目指して努力しています。

キャリアチェンジした感想は?

業務を通して感じたことは、中から見える世界と、外から見える世界の違いが大きいことでした。 自分が現場で作業しているときは、黙々と自分の作業と向き合い、とにかく正確に迅速にと行っていました。

しかし、いざ自分が外から全体を見る立場になってみると、いかに自分だけの世界に入り込み仕事をしていたかとわかりました。 「全体を見る力」が自分には足りていなかったのです。

自分がこれをすることによって、全員がどう動くか、どれだけ生産スピードを上げられるか、 不良品をださず完璧な物を製造できるかなどを考えるようになり、 今ではスタッフの健康状態や心理状態も常に気が配れるようになりました。

今の仕事のやりがい、大変な点は?

仕事のやりがいは、いかに売上げを伸ばせるかという部分を徹底的に追求できることです。 自分の判断で結果が左右されると言うことについて、責任感や達成感を存分に感じられることがなによりうれしいです。

大変な点は、お客様、スタッフとのコミュニケーションが難しいことです。自分が理解していれば済むという話ではなく、 スタッフ全員が情報・考えを共有していないといけないので、常にコミュニケーションは大切にしています。

これからキャリアチェンジしようとしている方へ一言お願いいたします。

作業ができたらいいや、これだけできたらいいやという考えではなく、 どれだけでも自分の思い描く世界を作り出せるのではないかというのがこの仕事の魅力ではないかと思います。

トップへ戻るボタン